スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◇ボーダー理論の甘い罠…?

昨日、今日と仕事の為にパチンコは残念ながら、お休みな訳ですが…昨日、ひょんなことから確率と偏差についてのサイトを見つけました。

面白いです…というか、為になります。
ただし、私のように数学が苦手な人間には、それこそ頭が痛くなりますけど(苦笑)、頑張って読む価値は絶対にありますね。


ここのサイトの特色は、『従来のボーダー理論には欠けていた「偏差(簡単に言えば、バラツキ、偏り、ツキですね)」という要素を数学的に盛り込んだ所』にあります。

この結果、導き出された結論というのが『ボーダー±0の台をどんなに打ち続けても、収支が±0には絶対に近づかない。勝つ人と負ける人が半々、その全員の収支の合計が±0に近づくだけ』というもの。だから「ボーダー理論の甘い罠」という訳なんですね。

他にも、ここのサイトでの主張を要約すると『期待価はアテにならない』、『大当たり確率の低い機種では勝つ人は勝ち続けるし、負ける人は負け続ける』、『新基準の低確率機(1/500等)ではボーダー理論は通用しない』、『等価の店で打つより低換金率の店で打つ方が遙かにメリットが大きい』、などなど。数学的な裏付けはないものの、自分でも感じていたこともあるし、ちょっと目からウロコものもありましたけど(笑)、とにかく「なるほど」です。

ちなみに、ここのサイトの理論で、私の前半戦の収支を計算してみたら…これが「最頻価」、つまり、もっとも多いケースで(爆)、それこそ200万以上勝っているケースもあれば、確率5%で半年間トータルでマイナスというケースも想定されるようです(苦笑)。

そう、偏差(偏り、人によるバラつき、ツキ等)」が存在する以上、「期待価を積み上げていけば、いずれは期待収支に到達する」という、従来の「ボーダー理論」の考え方は現実的には無理があるようです。(ちなみに、この為には丸一日打ち続けても52年掛かるとか〜爆)


といっても、ここのサイトも「ボーダー理論」そのものを否定している訳ではなくて、危険率5%のボーダーライン(収支1万円/日)」というものを「勝つためのボーダーライン」として推奨しています。
で、これが具体的には「従来のボーダーラインより、約4.1回転/千円大きい値(※等価・新海ハーフ機)」となっています。

そう、「ボーダーライン+5の台を打て」という言葉にこそ、数学的根拠があった、ということですね(笑)。

ただ、この「ボーダーライン」でも、95%の確率で平均収支が1万円を上回るが、どこまでいっても1万円を下回る確率が5%は残っているそうですから…やはり「確率」は恐いですし、この「確率」に依存しているパチンコがギャンブルであることは否定出来ない事実なのかも…ですね。ハイ(爆)。


人気ブログランキングへ★頑張れ!と応援して下さる方はクリックを宜しく…★


パチンコで生きていく技術

中古価格
¥988から
(2011/12/25 13:05時点)


パチスロで生きていく技術

新品価格
¥1,365から
(2011/12/25 13:12時点)



人気パチスロ攻略ランキング
人気パチンコ攻略ランキング

スポンサーサイト

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。