スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◇大爆発の条件…?

昨日の予告通り、今日は「大爆発・大勝利」について(笑)…パチンコで「この台、壊れてるんじゃないの?」と思いたくなる程、出て、出て止まらないこと、というのがある訳で…とりあえず、CRで言えば「大当たり30回以上・出玉20箱(4万発)以上」という辺りがこれに該当するかも。

例えば、CRのフルスペックを丸一日打った約3500回転で見込める大当たりは約22回。これはもちろん、初当り(1/350)も確変(1/2)も確率通りに引いたと仮定した場合…つまり、これ以上の大当たり回数は、「ツイている時」にしかありえないということになる。

「大爆発=ツキ」…うん?これではここで話が終わってしまうので(苦笑)、もう少し「大爆発する為の条件」を考えてみると…


まずは、「ハマらないこと」
2倍ハマリ程度ならともかく、3倍・1000回を超えるハマリを食らうと大爆発は難しくなってしまう。「玉が何箱も減るんだから当たり前だろう」と言われてしまうかも知れないが(苦笑)、実は大ハマリで大爆発が難しいのは、玉が減ることより時間が減ること。
例えば、3倍ハマリを食らえばそれだけで3時間以上の時間を費やしてしまう。12時間打ったとしてもでハマリで消化した時間を引けば、残りは9時間。
また、1日3500回転としても、その内、1000回転をハマリに費やせば残りは2500回転しか廻せない…これでは当然、大当たり回数を増やすことは難しくなってくる。



次は、「確変の引きがよいこと」
CRの場合、「初当り確率(フルペックで1/350)」「確変の確率(1/2)」の二つの確率がある訳で、大爆発をする為には、この二つの確率がどちらもプラスに偏る必要がある。
とくに、「確変の確率」がプラスに偏ること、確変の引きがよいことが大切になる。
というのも、フルスペックの100回の時短で当たって連荘する確率は1/5程度だが、確変の連荘は1/2の確率があるし、いくら初当り確率が良くても確変に比べれば、同じ回数当たるのには遥に時間が掛かる。
つまり、「初当たり確率」に恵まれることより「確変の確率」に恵まれることの方が大爆発する為には重要かも。


で、最後は「回転数が増えること」
1日に廻すことが出来る回数、回転数が増えれば大当たり回数もそれに伴って増えて行くことなる。
例えば、「スキップ機」でフルスキップをすれば、1日に6000回転程度、廻すことが出来るが、これだけ廻せば確率通りでも30回以上の大当たりが見込める。

また、普通のフルスペックのCRでも、これは「ニワトリが先か卵が先か」のようなことだが…大当たり回数や確変の回数が増えると、確変や時短消化の回数も必然的に増えて短い時間で沢山廻せる為に回転数もどんどん増えて行く。
回転数が増えれば、それだけ大当たりの回数も増える訳で、大当たりの回数が増えれば、回転数も増えて…という、言わば、この良い循環こそが「大爆発」の条件かも。



もう一つだけ、この「大爆発」で忘れてはいけないことがあって…
それは大爆発・大勝利と回転率は無関係。
回転率のいいこと、良く廻ることは大爆発の条件ではない
、ということ。


いつも私は「回転率こそ重要」と言っているのになぜ?と思う方もいるかも知れないので(苦笑)、一応、説明すると…

上にも書いたように、大爆発する時には確変や時短の回数が多くなる訳だが、確変や時短中には回転率の良い台も悪い台も玉の増減はほとんど関係ない。
また、大爆発の時には、初当り確率も良くなる訳で…例えば、150回(時短後50回)で初当りを引くとすると、20/Kの台で必要な玉数は625発、30/Kの台で417発、その差はたったの208発しかない。

そう、大爆発はよく廻る台かどうかとは無関係に、「初当り確率」と「確変の確率」がプラスに偏ること(その結果として回転数が増えることも含めて)で起きること。全くと言ってもいい程、廻らない台でも大爆発の可能性はあるし、逆に、よく廻る台だからといって大爆発するとは限らない

こんなことから、廻らない台で大爆発を経験したり、廻る台なのにハマってばかりでダメだったり、と言ったことも起こるし、こういう経験があるからこそ、『廻る台は出ない』とか、『廻る台より出る台を探して打とう』という風に思う人が多いのかも…。

ただし、ここで考えてほしいのは…大爆発と回転率は関係がないということは、良く廻る台でも大爆発の可能性はあるし、廻らない台でも大爆発するとは限らないこと
さらに言えば…良く廻る台も廻らない台も大爆発の反対、大ハマリの可能性も同様にあるということ

ちなみに、この「大ハマリ」の時には、良く廻る台と廻らない台では大きな違いが出てくる…例えば、1000回ハマったとすると、20/Kの台では12500発が必要なのに対して、30/Kの台だと8334発…その差は何と4166発・2箱分にもなってしまう。

そう、大爆発がプラスの確率の偏りで起きるものだとすれば、大ハマリはマイナスの確率の偏りで起きるものだし、どちらも回転率とは無関係にしてもパチンコを打っていく以上はどちらも同じように訪れるもの…だとすれば、大ハマリの時に減らす分、負けを少しでも少なくする為に良く廻る台を打って、大爆発の時を待つのが、バチンコで勝つ為に一番大切なことなのではないだろうか。


というようなことで、本日のパチンコの収支は下記の通り。
うーん、今日もハマってばかりで、大爆発とは行かなかったなぁ…しかし、そろそろ大爆発してくれないものだろうか?(爆)




【本日の台】CRモナコパーティT3SR

【回転率】26/K【初当たり確率】1/100【大当たり46回(内CT獲得18回】

【10/7本日の収支】11500円

【10/7現在勝ち金額】1,610,500円

【目標金額まで】 後3,389,500円.

勝てる思考のパチンコ・パチスロ術 ~なぜ自分がハマってやめた台は、すぐ当たるのか~ (パニック7新書)

新品価格
¥945から
(2011/12/26 23:22時点)



パチンコ「30兆円の闇」―もうこれで騙されない

新品価格
¥1,470から
(2011/12/26 23:23時点)




人気ブログランキングへ★応援を宜しくお願いします★

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック:


<<前の記事へ 次の記事へ>>

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。