スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◇タテの比較とヨコの比較…

連休だったわ、仕事は終わらないわ、で…今日が久しぶりのパチンコ(苦笑)。うーん…丸々一週間ぶりということで、何だか打ち方も忘れてそうです。ハイ。

で、今日、行ったのは「羽根ものデジパチ」のある、いつもとは別の店。この前、新装の時に打ちに行って釘的には「まぁまぁ」だったので一度、打ってみようと思っていた訳だが…うん?あれから何日たっていることやら…(爆)

実際に店に着いて、必死に前の釘を思い出してみるものの…全く思い出せない。それに、いつも行く店との比較も…うーん…覚えてない(苦笑)。
とりあえず、スルーはちょっと渋めなものの、ヘソは例の店より開いているような…まぁ、換金率はこっちの方がいいし…よく判らないけれど、とりあえず寄り釘のよさげな台でも…打ってみるか?

という何ともいい加減で大雑把な感じで(苦笑)、一週間ぶりのパチンコ、スタート!


パチンコで釘を読む場合に、「ヨコの比較」「タテの比較」というものがある。

「ヨコの比較」というのは、文字通り、横の台と釘を比較してどっちがいいか?といった釘の読み方で、例えば、一つの店に並んでいる同じ機種でどの台の釘が一番いいか、ということを判別する方法。これは基本的に、ヘソがどっちの台が広いか?とか、寄り釘の向きはどっちがより右を向いているか?とか実際に見比べていく訳だから、ある意味、難易度は低め。

ただし、この方法ではその店のその機種の中で一番廻りそうな台を見つけることしか出来ない、という欠点がある。もしその店の台がみんなダメならその中で一番マシな台を見つけても、あまり意味がないといったこともありえる(苦笑)。

もう一つの「タテの比較」というのは、ある台の釘が昨日、あるいは一昨日と比べてどうなっているか?どちらがいいか?という釘の読み方。これは目の前に実際にある台の釘を見比べるのではなくて、記憶の中にある釘と目の前にある釘を比較して判別する訳だから、これはかなり難易度は高くなる。

ちなみに、本来の意味での「タテの比較」ではないが、目の前にある台と別の店の同じ台の釘を比較する、というのも、釘読みとしては「タテの比較」と同類だし、難易度も同じ。

「ヨコの比較」と違って、こちらは難易度は高いものの…前の釘、あるいは別の店の同じ台の釘での回転率が判っていれば、それと比較することで打たなくても回転率がかなり正確に予測出来ることになるので、メリットは遥に大きくなる。

で、当然のことながら、私の釘読みも「ヨコの比較」については、まぁまぁ自信はあるものの…「タテの比較」になるとかなり怪しくなってくる(苦笑)。まして、記憶力が関係してくる訳だから、時間があけばあくほど、「タテの比較」は難しくなってしまうもの…そういう意味では、今日などは最悪(爆)。

釘読みで「タテの比較」に自信が持てなければ持てないほど、あまり間をあけずに打つこと…もし用事などで打てなくても釘だけは見る、とか、そういったことも必要なのかも…(苦笑)。




【本日の台】CRモナコパーティT3SR

【回転率】24/K【初当たり確率】1/84【大当たり48回(内CT獲得18回】

【10/14本日の収支】16500円

【10/14現在勝ち金額】1,627,000円

【目標金額まで】 後3,373,000円.


チャッティ

【777town.net】懐かしの名機種から最新機種まで続々登場!!



人気ブログランキングへ★応援を宜しくお願いします★


関連記事
スポンサーサイト

コメント:

修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック:


<<前の記事へ 次の記事へ>>

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。