スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲パチンコを打つということ…

仕事が中々、はかどらなかったこともあって、今週は全くパチンコを打っていません。うん?よく考えれば最後に打ったのが先週の金曜日なので、ほとんど一週間、打ってない訳で…(苦笑)。

まぁ、仕事はもっと頑張ればバチンコを打つ時間は作れた筈だし、とりあえずイベント以外にも打てる台のアテはあるし…要するに、この方と同じで心のどこかにパチンコを打ちたくないという気持ちがあるからなんでしょうね(苦笑)。

で、私にはこの方の気持ちがよく判る気がします…どんなにハマッても、くそ面白くもない台でも、「ボーダー+○回」とか「回転率」とそれによって予測出来る「期待収支」のことだけを考えて、ただただ延々と打つ。そんなパチンコが面白い訳がありません。
そう、店や台をちゃんと選びさえすれば、後に待っているのは「止め打ち」とか、ちょっと教えれば猿でも出来そうな非人間的、単純作業だけですしね(笑)。

それでも実際の財布の中身が「期待収支」に追いついてくれればいいのですが、その日一日の勝ち負けとか、短期的に見れば、財布の中身が増えるか減るかは所詮、運任せ。ツキのない期間が続けば財布の中身は減る一方だし…その状況を脱するベストの方法が「負けても負けてもパチンコを打ち続けること、よく廻る台を長時間、打ち続けること」では…何ともつらいもの(苦笑)。

まぁ、お金を稼ぐ為に打つパチンコは単なる「内職」とでも考えた方がいいのでしょうね…別にパチンコを打つことに達成感がある訳でもないし、自分の時間を割いて面白くもない単純作業を続けるだけの「内職」。店を選び、釘を見て台を選ぶのも、ある意味では、内職の中身は同じでも、どこの会社の内職がギャラがいいか、と考えて選ぶ事のようなものだし、パチンコで負けるのも内職を発注してくれた会社が悪徳会社でギャラを貰い損ねたり、それどころか金を巻き上げられたり(爆)、といったようなことかも…。

確かに、パチンコを楽しみながらいい加減に打っているようではパチンコでは勝てないものの、パチンコで勝つ、ということが所詮は「内職」のようなものだとしたら…どちらがいいのかは微妙かも(苦笑)。
まぁ、一番いいのは宝クジでも当たって大金持ちになって、勝ち負けを全く気にせず、遊び・趣味としてパチンコを打つことかも知れませんね。ちなみに、私はもし宝クジが当たったら、二度とパチンコなんて打ちませんけれど(爆)。




【本日の台】なし-半分だけ仕事のために休み

【11/17現在勝ち金額】1,931,000円

勝てる思考のパチンコ・パチスロ術 ~なぜ自分がハマってやめた台は、すぐ当たるのか~ (パニック7新書)

新品価格
¥945から
(2011/12/26 18:13時点)




人気ブログランキングへ★応援を宜しくお願いします★


関連記事
スポンサーサイト

コメント:

修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック:


<<前の記事へ 次の記事へ>>

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。