スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲ヤバイ…です…よね?


さてさて、今日が7月1日ということは…そう、今年も既に半年が過ぎてしまった訳です。

で、ヤバイですよね?「収支」が…(爆)。

去年はパチンコをちゃんと打ち始めてから、最悪の収支で(苦笑)…初めてプラスが年間200万を下回ってしまった訳ですが、いま去年のBlogを見てみたら、その去年の今時点より収支が悪いですね(爆)。

まぁ、去年は一カ月トータルで12月が何年かぶりの「月間収支マイナス」で終わったせいもありますし…うん?そういえば今年の1月も「月間収支マイナス」だったか?(爆)


1月 -24500
2月 152000
3月 402500
4月 60000
5月 35000
6月 219000



…というのが、とりあえず今年の前半戦の「収支」ということになる訳ですが、うーん、1月の「月間収支マイナス」を何とか3月で取り返したものの、4月と5月もエライことになってましたね(爆)。

まぁ、去年からほとんど「1/350・確変1/2」という機種をメインで打っている訳で、一カ月程度では「収支」は安定する筈がないんですけれど、それにしても荒れ過ぎ…とくに悪い方に荒れすぎですね(苦笑)。


もう少し詳しく「収支」のデータを見ると…


【稼働日数】 77日
【戦績】 45勝32敗
【収支】 +884,000円
【日当】 1日平均 10,961円



うーん、日当1万円って?時給にすれば1000円ですからね…パチンコ、やめたくなりますね(爆)。

ただ、真面目な話…期待日当ではほとんど常に2万円以上、平均にして2万5千円程度という台を打っているんですけどね…これは現金機メインの頃とほぼ同じなんですけれど、その頃に比べると、何より「勝率」が落ちていますし、その結果、格段に「収支」も悪化しています。

そう、いくら「期待日当」が同じでも、1/250以下程度の確率の台と違って、1/3501/400の台、さらに確変の依存度が強い台では回転率よりツキの影響を強く受けます。また、現金投資額も、ハマリもきつくなるのが当然ですし、打てる時間が昔と同じ以上、廻る台でも結果的に負けて帰る、という日が増えてしまう為に勝率が下がるのも、ある意味、仕方がないことで…ただ回転率による期待収支が同じだからと言って、今の大当たり確率が低い機種でも昔の大当たり確率が高い機種と同じ勝率・同じ収支になる、と考えるのは危険かもしれません。

これを防ぐ為には、同じ期待収支でも、実質的な勝率が高くなる大当たり確率の甘い機種、それも確変の引きなどに出玉が左右されにくい機種を打つのが一番ですが…実際には、今のパチンコ店にはほとんどそんな機種は存在してい訳ですし…それこそ「ハネモノ」を打つとか、「持ち玉比率の低下」というデメリットを防ぐ為に高めの換金率の店を狙うとか(もちろん、よく廻る台、回転率による期待収支は同じ台でという前提で、ですが〜苦笑)…あるいは、どれだけ現金投資がかさんでも閉店間際まで必ず打ち切るとか、そんなことも必要なのかも。

後は、大当たり確率の低下によるデメリットをちゃんと織り込んだ、より実戦的な「期待収支」で立ち廻るとか…うーん、これは、要するに「もっと廻る台を打つ」ということか…?(爆)。

人気ブログランキングへ★頑張れ!と応援して下さる方はクリックを宜しく…★

カイジ逆転の心理学――困難に打ち勝つ・人生を切り開くテクニック――

新品価格
¥1,365から
(2011/12/25 13:23時点)





関連記事
スポンサーサイト

コメント:

修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック:


<<前の記事へ 次の記事へ>>

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。