スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲パチンコ崩壊…?

パチンコ台の「内規」…簡単に言えば、お上がこんなパチンコ台を作りなさい、こんな台は作っちゃいけない、という基準(苦笑)…が変わった、というのは知っていたが、遅ればせながら詳細を知って腰を抜かした(爆)。

初当たり確率 1/499
確率変動突入率及び継続率 3/4
スタート賞球3個 大アタッカー賞球15個
出玉 約1,950個
時短100回


これが「新内規」に沿った台、つまり、これからのパチンコ台のスペックになるらしい…
で、このスペックのどこにビックリしたかといえば、「異常な初当たり確率の低さ」「スタート賞球,ヘソに入った時の戻しが4個→3個」、そして「確変が1/2→3/4」という点。

単純に言えば、これは「当たりにくいし、当たるまでにバンバンお金はかかるけど、もし当たったらスゴイよ」という大ギャンブル機…そう、これからのパチンコ台が「一撃何十万」の機械、パチスロでいえば「ミリ○ンゴッド」になるようなもの。

『パチンコが儲かる爆裂機になるんならいいじゃん』
とに思う人もいるかも知れないが…それは間違いだし、実はこれは数々の陰謀を含んだとんでもない改悪ではないだろうか。

ではこの「爆裂機」に具体的にどんな問題があるか、というと…

『中小のパチンコ店がつぶれる』

中小のパチンコ店はいま「みなし機(簡単にいえば、古い台)の撤去」というお上の命令でもひどい目にあっている訳だが、この新内規の台が出ることで、最後の息の根を止められることになりそうだ。

というのも、この機械は、運次第でとんでもない出玉になる訳だから間違いなく割数(お店が釘調整などで設定している出玉)が安定しない。とくに、500台とか600台とかいう台がある大規模店ならともかく、台の数が少ない店では、異常に出てしまったり、出なかったり…お店がコントロールしにくくなるだろう。
もちろん、出ればお店は赤字になるし、出なければ客は飛んでしまう。かといって出すようにするのは難しいし、もし出して客をつけようにも、店の体力の問題もある。


逆に大型店にとってみれば、これは大歓迎だろう。台の釘を締めてどんなに割数を下げても、運次第で大量に出る訳だからそれが「客寄せ台」になってくれる。また台の数が多ければ、いくらたまたま出る台、出ない台があっても割数通り、確率通りに落ち着きやすく、安定した収支が見込める。

それに、客の方も『投資金額が飛躍的に増える訳だから、それを取り返す為には低換金率の店では打っていられなくなる』。つまり、今以上に「等価交換」が主流になってくるだろう。
「等価」での営業は、台数の少ない中小店では、出る台、出せる台が少なくなる=客が飛ぶ、というデメリットを抱えざるを得ない。

この二つを考えれば、『等価交換の大型店が大喜びし、低換金率の小型店が潰れる』という図式が見えてくるし、そもそもこの改悪がこれを目的としたものとも思えてくる。


で、パチンコ店以上に問題なのが、パチンコを打つ側への影響だが…、
『客が勝てなくなる』
一言でいえばこれに尽きる。

もちろん、勝つ時の金額は大きくなるが、負ける時の金額も大きくなるし、そもそも店が球を出すことが出来なくなってしまう。

以前にも書いたが、低換金率のパチンコ店は球を出して、換金の時の差額で儲けていた訳だが、この台ではそれが出来ない。店は「等価で玉を出さずに、運のいいごく一部の人にボロ勝ちして貰って、ほとんどの人にはボロ負けしてもらう」という営業しか出来なくなるし、客も「たまのボロ勝ちを目指してボロ負け覚悟の運勝負」という打ち方しか出来ないということになる。

もちろん、私がここに書いて来たような必勝法も通用しにくくなる。
「ヘソに入った時の戻しが4個→3個」では廻る台はなくなるだろうし、もし廻っても「1/499という低確率」では、一日に当たる回数も限られるし、投資金額もかさむ。何より収支が安定のしようがない。また、等価では持ち玉のメリットもない…、
要するに勝つか負けるかは、廻りとかとは関係ない「運次第」ということになる訳で、運を自分の力で何とか出来ない以上、必勝法はなくなる訳だ。

つまり、運が異常によくて、連戦連勝という人しかパチンコでは勝てなくなる訳で…マァ、そんな人はとっくに宝クジの3億円でも当てているかも(苦笑)。


いずれにしても、パチンコで勝とうと思っている人はこの台では打たないだろうし、もし全てのパチンコ台がこの台になれば「プロ」も「勝ち組」も消滅。残るのは「パチンコ依存症」の人だけ、ということになるだろう。

そして、この台が出れば、ますます「サラ金」とか「闇金」、「自己破産」や「借金による自殺」、といった社会的問題が必ず出てくるだろう…お上はそんなにこの日本をダメな国にしたいんだろうか…。



【本日の台】なし-仕事で休み

【7/14現在勝ち金額】1,132,000円

【目標金額まで】 後3,868,000円
.

人気ブログランキングへ★応援を宜しくお願いします★







【777town.net】懐かしの名機種から最新機種まで続々登場!!



関連記事
スポンサーサイト

コメント:

Unknown アール : 2004/07/14 (水) 12:10:00 修正

> 中小のパチンコ店がつぶれる

って所について、私は否定的ですね。
確かに荒れ狂う台になるとは思いますが、今のパチスロとあまり状況が変わらないと思うので・・・

でも、「客が勝てなくなる」のと「等価交換が主流になる」のは間違いないでしょうね。
パチスロみたいにハイエナでもできれば別でしょうが、パチンコはないでしょうからねぇ。

1/500ってことは、一日打って初当たり6, 7回ぐらいですか。

この内規の台は客に受けるんだろうか。
結局初当たりが低すぎて、この台が廃れていくのでは、とちょっと思ってみたりもするんですが。


個人的には連チャン機時代まで戻って欲しいと思う今日この頃

コメントをどうも Oh!YAJI : 2004/07/14 (水) 14:27:20 修正

アールさん、ご意見ありがとうございます。

確かにおっしゃる通り、中規模店でも等価で頑張っているお店はありますし、パチンコの中小店が等価にしてつぶれるかどうかは、その店の営業努力という点が確かに大きいでしょうね。

ちなみに私などは、「みなし機撤去の問題」といい、今回の「新内規」といい、どうも中小パチンコ店撲滅というお上の陰謀が感じられて仕方ないのですが(爆)…ちなみに、そういう中小店は例の国の方が経営している所が比較的多い、というのは考え過ぎでしょうか…。

で、もう一点。果たしてこんな台がファンに受け入れられるか、という点には私も疑問ですし、個人的には受け入れられないまま廃れてほしい、と思っています(笑)。

それに万が一、一時的に受け入れられたとしても「ミリゴ」の時のように社会的批判を受けるのは間違いないでしょうから、そう長くは続かないかも…まぁ、全て希望的観測ですが…(苦笑)。

いずれにしても、この台が全てになれば、パチンコを打つより宝クジを勝った方がよっぽどいい、かも知れませんね(爆)。
修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック:


<<前の記事へ 次の記事へ>>

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。