スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲パチンコの収支を振り返ると…

本日で8月もお終い。明日からは当たり前のことだが9月という訳で…カレンダーを見てみると今年も、もう残り4カ月ということ。うーん、光陰矢の如し、月日は百代の過客にして…まぁ何でもいいけれど(笑)、月日のたつのは早いもの。

改めて、記録を辿りながら今年のパチンコを振り返ってみると…収支的には今年の収支ペースは目標の年間500万どころか200万も危ない、というここ数年で最悪の状態になっている(苦笑)。まぁ、これは稼働日数の不足…簡単に言えば、サボリ過ぎということが一番の原因だけれど、今年の初めの稀に見る不ヅキ、それに何といってもこの時期には、やはり「勝てる台」、つまり「廻る台」を打てなかった、というのが大きい…。

パチンコのデータを記録した手帳を見てみると、最近は例の「ヘソ開けイベント」のお蔭もあって、廻る台を何とか打てているが、今年の初めはやはりボーダー+3回程度の廻りの台しか打てていないのがよく判る。
そう、一日一日の収支はそれこそ勝ったり、負けたり…まさに運任せということになるが、一カ月、さらに半年とかいったスパンになると、明らかに、パチンコの収支は回転率に比例していることがよく判る。

まぁ、だからこそ「よく廻る台を長時間打つ」というパチンコの必勝法を実践するようにしている訳だけれど…毎日、毎日のパチンコでは廻る台でボロ負けしたり、廻らない台で大勝ちしたり…決してこれが必勝法とは思えないのも事実。
だからこそ「波理論」も含めたオカルトにパチンコの必勝法を求める人も出てくる訳だが、一日の勝ち負け、収支ではなくて、1カ月、半年、さらに1年と、もう少し俯瞰で勝ち負けや収支を見ていくと、やはりこれしかパチンコで勝つ方法(もちろん、ゴトを除いてだが〜笑)がないのは実感できる。

ここでふと思ったのは…オカルト信奉者、パチンコ屋でよく見かけるオバちゃんやオヤジ達も含めた人たちがあまり記録を取っていないこと。
回転率や大当たり回数などいったデータを記録しないのはともかく、その日の収支さえ記録してない人が多い。オバちゃん達の会話を聞いていても、「昨日はいくら負けた、勝った」といった話ばかりで、一カ月とか一年になると、急にアパウトな金額になるし…今月の収支が正確に±いくら、といった事はどうやら把握してないらしい…もちろん、年間の収支も同様。

まぁ、「パチンコの収支をちゃんと記録すると恐くてパチンコが出来ない」なんていう話も聞くぐらいだし(苦笑)、確かに「貴女は1年間にパチンコでこれだけ負けました」という数字を突きつけられればパチンコをやり続けるのは難しいだろう。
そもそも…これは私も含めてだが、パチンコをやっているような人にはあまり金持ちはいないし(苦笑)、金持ちではない身にとってはパチンコで1年間にいくら負けたという数字はとくに受け入れにくいものだろう…。

それこそ1円でも安ければ自転車を飛ばして遠くのスーパーに行くようなオバちゃん達がパチンコでは万札をパチンコ台に突っ込み、1年間では何十万とか百万単位のお金を失っていく…それどころか、そのパチンコで失った金額を本人も把握してはいない…ある意味、これほど恐い話はないかも。

とにもかくにも、最低限、パチンコでいくら勝って、いくら負けたのか、それだけは記録して、一カ月後、半年後あるいは一年たってからその収支をよく見てみること
これだけはパチンコをやる以上は必要不可欠だろう…その上で、負けていれば本当にパチンコで勝つ為の方法を探すなり、パチンコを止めるなり、あるいは、パチンコを打つ楽しみの代償としてその負け金額を受け入れるなりするしかないのかも知れない。



【本日の台】なし-仕事のため休み

【8/31現在勝ち金額】1,358,000円

【目標金額まで】 後3,642,000円
.





人気ブログランキングへ★応援を宜しくお願いします★



関連記事
スポンサーサイト

コメント:

修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック:


<<前の記事へ 次の記事へ>>

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。